銀を原料とした素材で、主に装飾を目的として制作された製品を指します。シルバーという金属はプラチナなどとは違い、とても不安定な金属で放っておくと黒く変色してきます。シルバーは、空気中の硫化水素と化合して表面に硫化銀を作り茶色くなったり黒くなったりします。銀が酸化するといいますが、実際には銀は高い温度に加熱しなければ、通常の状態では酸化しませんので所謂 ”錆び” とは違います。銀の変色のほとんどは硫化ですが、塩化反応もまれに起こります。

磨くことよってプラチナよりも強い輝きを出すことができるのが、シルバー。宝石のエネルギーを安定させ、その性質をサポートする働きをします。シルバーアクセサリーは直感力を高め、情緒的過ぎる考えを調整し回復させるでしょう。潜在意識の具現化を助ける働きをします。

■特徴

銀は人間が使用した最初の金属のひとつです。落ちついた柔らかな白い光沢が特徴ですが、すべての金属のなかで(水銀とともに)もっとも可視光線の反射率が高く(反射率は90%、赤外線は98%を反射します)、研磨することによってプラチナよりも強い輝きを出すことができます。銀の元素記号「Ag」はラテン語で「白い輝き」を意味する「argentum」が語源です。また、展延性に富みあらゆる金属のうち熱や電気の伝導率が最大です。銀は自然界に広く分布していますが、他の金属に比べれば総量はきわめて少ないものです。また、自然に存在する多くの鉱物中に含まれている点が、金とは異なります。

銀製品は大気にそのまま放置していたり、硫黄の含まれたものに触れていると黒く変色します。これは、空気中の硫黄によって表面に硫化銀の皮膜を作ることが原因です。硫化銀の皮膜の厚さによって、黄色、次に茶褐色に変わり、更に皮膜が厚くなると黒色になります。また、輪ゴム等のゴム製品(合成ゴムも含む)は、ゴムの伸縮性を良くするために添加されている硫黄化合物と空気中の水分が反応して、 硫化ガスに変わり銀を変色します。また、パーマ液や化粧品などに含まれている硫黄化合物や界面活性剤の硫黄分、シャンプー、台所洗剤の界面活性剤中の硫黄分、宝石箱のなかのゴム系接着剤や変わったところでは卵やたまねぎなどの食品など、様々なものから硫化の影響を受けます。