種類

■シルバー1000(Ag1000,SV1000)
ファインシルバーと呼ばれる、純度100%のシルバーです。純度100%のシルバーは、硬度が低く重さもあるためアクセサリーにはむいていないのであまり使用されませんが、まれに使われているようです。

■シルバー950(Ag950,SV950)
ブルタニアと呼ばれる95%の銀と銅などの他の金属を5%混ぜたモノです。925についでアクセサリーによく使われているシルバーです。最近では950にゲルマニウムなどを混ぜて、マイナスイオンを発生する健康グッズなんかにも使われています。

■シルバー925(Ag925,SV925)
スターリングと呼ばれる92.5%の銀と銅などの他の金属を7.5%混ぜた合金。シルバーアクセサリーに1番使用されている地金で、当店のリングも925を使用しています。硬度や重さなどちょうどよく、輝きも魅力的です。

■四分一
朧銀(おぼろぎん)と呼ばれる75%の銅に銀を25%混ぜた地金。925よりも銅の比率がたかいので、少し赤みの強い輝きが特徴で、古くからある伝統的な地金です。

■赤銅
こちらも古くからある合金で銅にゴールドを3%混ぜた地金。一般的には[三分差し]の事です。他にも一分差し、五分差し、八分差しなんてのもあります。ほとんど銅なので、赤みが強く変色し易いのが特徴。わかりやすくいうと、ほぼ新品の10円玉の色です。

■プラチナ100
90%のシルバーと10%のプラチナを混ぜた地金。925と比べると、深みのある光沢が特徴です。

■ピーファイブ
プラチナ100をわずかに銀の比率を高くしたモノ。ほぼ95%のシルバーと5%のプラチナを混ぜた地金。925と比べると、輝きに白味が強く黒く変色しにくいのが特徴です。

■ゴールドプラス
名前の通りシルバーにゴールドを少し加えたモノ。硬度がかなり高く、黒く変色しにくいのが特徴です。

■ピンクシルバー
銀に銅の他に、金やパラジウムを加えてピンクの色合いを作り出したモノ。柔らかい輝きが特徴で、銅の割合が高いので黒色に変色しやすい。

■イエローシルバー
ゴールドとは違う、黄色みを帯びたシルバー。イエローゴールドとは違い、基本シルバーに近い色合いです。

■18金(K18)
金の場合、24分率で純度を表します。ですので[K18]は、75%のゴールドと主に残り25%のうち、6割が銀で4割が銅を混ぜたモノです。つまり[K24]が100%純金となります。他にも金の割合を変えた[K5]から[K10]や[K12][K14][K16][K20][K22]などもあります。

■カラーゴールド(K18)
75%のゴールドに様々な金属を混ぜて、色を出したモノで、主に、ピンク・シャンパン・グリーン・ブラックがあります。

■プラチナ900(Pt900)
プラチナもシルバー同様、千分率で純度を表します。マリッジリングの定番ですが、最近はプラチナは高価なのでプラチナの割合を落とした[Pt850]も増えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です